2005年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

9)僕がビートルズを知らない訳・・・詩人旅行必携手帳

僕は、このブログのタイトル通り70年代後半に青春時代をおくったオヤジだが、ビートルズ体験というものがない。
辛うじて団塊の世代ではないから、わりとこんなものなのかもしれない。
というよりも当時の音楽好きは、かえってこんなものと言えるのでしょうか。
何故なら、ロックが凄いエネルギーで台頭しジャズも巻き込んで新たな音楽文化を創っていたし、ブルーズやレゲエなどルーツミュージックが白人の若者を後継者にしはじめるなど、少しだけR&Bっぽいビートルズなどを過去のものにする時代の動きがあったからだ。
僕個人の音楽遍歴を述べるならば、中3で音楽に目覚めました。
目覚めさせてくれて略1年間夢中にさせたのは、恥ずかしながらベンチャーズと加山雄三とワイルドワンズでありました。ああ恥ずかしい。
これらのミュージシャンのお陰で、ビーチボーイズやシャドウズやビートルズも聞きかじったのですが、夢中にはなりませんでした。ああ良かった。
高1になると友人の影響で音楽的にもカルチャーショックを受け、中3の頃には考えてもいなかった方向に突き進みます。
それはジャズと黒人のR&Bでありました。
ジミー・スミスの”キャット”をスタートとして、コルトレーン、ロリンズ、MJQなど歴史的な名演を必死に聴きあさり、遂にはマイルス・デイビスの”イン・ア・サイレント・ウェイ”をリアルタイムに体験するに至りました。
ロックとジャズのコラボレーションの本当の果実が出始めた頃ですね。
ビッチェズ・ブリュー、カウント・ロック・バンド、メンフィス・アンダー・グラウンド、ヘッド・ハンター、ウェザーリポートetc。
黒人音楽では、サム&デイブでありオーティス・レディングでありシカゴ・ブルーズでもありました。
そして高1の後半に、僕は漸くロックに出会ったのです。
ホンキートンクウイメンでありました。レッドツェッペリンⅡでありました。クリームでありました。ミュージックfromビッグピンクでありました。レイラでありました。サザン・ロックでありました。ブリティッシュでありました。ウェストコーストでありました。
これじゃビートルズなんて聴いてる暇ないよね。
a_abrd.gif

スポンサーサイト

| 詩人旅行必携手帳 | 20:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

8)気になるSummerMusic・・・詩人旅行必携手帳

7月は本も読んでいましたが、音楽などもちゃっかり聴いておりました。
小林克也さんがラジオで「ステイという有名な曲がありますね」と言うのを聞いて我慢できなくなり、CDを借りてきて聴きました。
ジャクソン・ブラウン「Runnin on Empty」
ラストのメドレイになっている2曲(LoadOut~stay)が素晴らしい。
文句無しの☆☆☆☆☆。77年頃の作品ですが、今でも色褪せていません。
同じ頃に聴いていた10ccのシングルヒット「トロピカル・ラブ」も入手しました。
10ccのアルバムを買う気はなかったので、「クルージン~サマーベストヒット」というオムニバスCDです。☆☆☆☆
でも「トロピカル・ラブ」は☆☆☆☆☆
セシリオ&カポノの「ナイト・ミュージック」も☆☆☆☆☆
アルバムタイトルの「ナイト・ミュージック」とボズ・スギャックスのカバー「二人だけで」がいいですねえ。

ジャクソン・ブラウンRunnin_on_Empty.jpg

| 詩人旅行必携手帳 | 20:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

8)フェルマーの最終定理・・・覚えておくと体に良い言葉

7月中にもう何本かアップするつもりでしたが、貧乏暇無しで気がつけば8月も第1週が終わろうとしています。やれやれ。
暇無しでも寸暇を盗んで本は読んでいましたので、今回は読書報告です。
量子論と相対性理論とかが気になっていて、まずは
「量子のからみあう宇宙」アミール・D・アクゼル/ハヤカワ・ポピュラー・サイエンス
を読んでみました。☆☆☆☆でした。次に、
「エレガントな宇宙~超ひも理論がすべてを解明する」ブライアン・グリーン/草思社
これは、☆☆☆☆☆であります。
これらは物理学の本ですが、つでに借りたアミール・D・アクゼルの数学の読みものである
「天才数学者が挑んだ最大の難問~フェルマーの最終定理が融けるまで」を読んで、俄然、数学関係に興味をひかれ何冊か読みました。ちなみにこの本は今から思うと☆☆☆かな。
「興奮する数学~世界を沸かせる7つの未解決問題」キース・デブリン/岩波書店☆☆☆
「ヒルベルトの挑戦~世紀を超えた23の問題」ジェレミー・グレイ/青土社☆☆☆
そして!
「フェルマーの最終定理~ピュタゴラスに始まりワイルズが証明するまで」サイモン・シン/新潮社 
ドラマティックでミステリアスで感動しました。文句無しの☆☆☆☆☆です。

フェルマーの最終定理.jpg

| 覚えておくと体に良い言葉 | 19:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2005年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。