2005年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

12)活動開始・・・TwoHearted

午前8時.jpg
8:00です。好い天気。活動開始!

スポンサーサイト

| ebizo釣行記 | 12:49 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

11)撤収開始・・・TwoHearted

撤収開始small.jpg
7:00頃。
デジカメにも朝がわかるほど明るくなりました。
撤収開始!取り払ったタープとテント本体です。

| ebizo釣行記 | 12:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10)TwoHeartedSmallCampの画像についてお詫び

画像が見れなくて済みません。
フレーム右側のCATEGORYから入っていただくと見れるようです。
QuunのQPさん、何とかしておくれ。

| ebizo釣行記 | 12:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

9)朝食・・・TwoHearted

ブレックファストsmall.jpg
昨夜の質素なディナーと比べて、見よ!この豪華な朝食。
右から、パスタ入りのカップシチュー。
ブルーのインシュレートカップには淹れたてのドリップコーヒー。
その下で光っている円形は、ざく切りフルーツ入りのヨーグルト。
黒っぽいシェラカップの中は、目玉焼き。
左のガスストーブ・トースターではロールパンがほかほかと。
「凄いぞ。凄く美味いぞ。」
と”Two Hearted Big River”でニックは言いましたね。

| ebizo釣行記 | 11:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

8)起床5:45・・・TwoHearted

午前5時45分起床small.jpg
真っ暗に写っていますが、薄明るい早朝です。
”オランダの朝は早い”どこの朝かて早いがな。
天気はほぼ快晴。爽やかです。野鳥も囀っています。
いやしかし昨夜は寒かった。
午前3時の寒さは厳しかったよ。
日の出が待ち遠しかった!

| ebizo釣行記 | 11:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

7)ベッドルーム・・TwoHearted

ベッドルームsmall.jpg
ディナーでのSIGGボトルのキャップが開いていたのに気付かれましたか?
あの後、タープのロープに脚を引っ掛けてよろけた拍子にSIGGボトルを
倒してしまいバーボンをほとんど全部こぼしてしまいました。
もう寝よう。20:00頃です。
画像は、今夜のベッドルームとなるテントの中の足元方面。
赤い1L入りSIGGボトルは、湯たんぽにします。
その手前の片方だけ写っている靴は、メレル・カメレオンⅡ。

| ebizo釣行記 | 11:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

6)ディナーだ!・・・Two Hearted

ディナー!small.jpg
18:00頃で肉眼ではまだまだ明るいのですが、
デジカメのフラッシュが点ってしまい真っ暗な感じになってしまいました。
質素なディナーです。でも満足しています。
ガスストーブの手前にあるブルーのSIGGボトルにはバーボンがたっぷり。
ボトルに寄せてあるフリーザーパックにはビーフジャーキーとナッツ。
何にも煩わせられない時間。
空腹を満たす夕食。
「俺は苦労して運んできたんだからこれを食う権利があるんだ」
と”Two Hearted Big River”でニックは言いましたね。



| ebizo釣行記 | 11:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5)森の中で読書など・・・Two Hearted

テントで読書small.jpg
気障なと思われるでしょうが、これが良いのですね!
ほんとうに気持ち良い。
乾いた砂地に水が沁み込むように文章が頭に入ってきます。
今回、持っていったのは林望の「リンボウ先生の閑雅なる休日」と
感動の名作!藤沢周平「蝉しぐれ」。
この2冊のおかげで夜が怖いなどということは全くありませんでした。
いいですよ、森の中の読書。今年中にまた行くだ!
ところでこんなショットが撮れたのはQuunのスタッフが同行してくれたおかげです。
お手伝いありがとう。
9日の17:00頃には早々と帰られたのですが。

| ebizo釣行記 | 10:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4)大助かり・・・Two Hearted

薬缶small.jpg
シェラストーブやソロセットのコッヘルの代りに大活躍したのがこのコンビ。
薬缶(今はなきモリタ製だ!)とガスストーブ。
湯たんぽ用やコーヒー用のお湯沸かしに大助かり。

| ebizo釣行記 | 10:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3)お気に入りシェラストーブ・・・Two Hearted

シェラストーブsmall.jpg
今回はあまり使わなかったシェラストーブですが、性能は高い。
900ccの水を予想外の速さで沸騰させてくれました。
但し、どこにでもあると思われる燃料(乾いた小枝など)は実際には入手困難です。
ということも想定して僕は家で薪を長さ5cmくらいに切って持っていきました。

| ebizo釣行記 | 10:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2)過剰だった装備・・・Two Hearted

全装備small.jpg
これが当日持参した全装備。
1泊してみて必要なものと、無くてもいい物が分かりました。
コッヘル(食器)は、スノーピークのソロセットとトレック900を用意しましたが、
トレック900しか使わなかったし、お気に入りのシェラストーブも一度お湯を沸かしただけ。
プリムスのガスランタンも雰囲気作りにはなったけれど、県民の森では必要ではなかった。
逆に、ついで持っていったコールマンの電池式ランタン
(前のエントリーの写真でテントの中に吊ってあるもの)
は、明るくて危険性がなくて実に有効でした。
何事もやってみないと分からないものですね。

| ebizo釣行記 | 09:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1)ソロキャンプ・・・TwoHeartedSmallCamp

ディナー前2small.jpg
2005年11月9日晴れ。ソロキャンプ・デヴューを果たしました!
場所は、環境も設備も5つ星の愛知県民の森キャンプ場。
キャンプサイト使用料は、何と1人200円!
毛布その他のレンタル品は、1点80円~100円。流石、県立施設です。
この日のキャンプ場利用者は、僕1人。正にソロキャンプ。
この日のために用意したテントは、スノーピークのランドブリーズソロです。
写真は、午後6時頃。ディナーの準備にかかるところです。

| ebizo釣行記 | 19:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10)シェラストーブ・・・詩人旅行必携手帳

今月は、2日にして既に2本アップです。
9月、10月と空しく過ごした私にしては良いペースではありませんか。
さて、ソロキャンプの準備を密かに進めておりますが、シェラストーブなるものを購入しました。
ローインパクトでエコロジカルな、ネイチャーストーブです。
庭で試運転してみました。
新聞紙や小枝をくべてみましたが、なるほどなかなかの火力です。
しかし、煤のすごいこと。
それにこれでクッキングするのは難しそうだなあ。
まあ、地面に焦げ跡をつけないキャンプファイア用ツールということで使ってみよう。
シェラストーブ2.jpg

| 詩人旅行必携手帳 | 18:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

11)心が二つある大きな河・・・覚えておくと体に良い言葉

ヘミングウェイの連作短編「ニックもの」の一作。
形容句のない明晰で簡潔な力強い文体で淡々と語られていくのはいつも通り。
ニックは故郷の町シニーに釣りキャンプをするために帰ってくる。
全く書かれていないけれど、ニック(ヘミングウェイ)は戦争から帰ってきたのだ。
おそらく少年の頃から親しんできた釣りで、深く傷ついた心を癒すために。
ニックは、この短編の中でほとんど口をきかない。
物思いにふけるが、感情は抑えられている。
一度読むだけだと、ハイキングとキャンプと鱒釣りだけのような短編なのだが、2回・3回と読むうちにニックの深い思いが滲むように行間から読み取れるような気がしてくる。
なんたって題名がいいよね。「Two・Hearted・Big・River」ですから。

アウトドアもので他に好きなのが、大藪晴彦(!)の「ヘッド・ハンター」。
大口径のマグナム・ライフルを持ってアラスカなど極地で大物をハンティングする小説で、あいかわらず校正したくなるようなひどい表現が多々あるし、ウソコケっというようなところだらけだが、この「ヘッド・ハンター」だけは許してあげよう。面白かったし。
もう20年も前に買った文庫本だが、今でも年に1回は、パラパラと読み返しています。
それから凄くいいのは、開口健の「フィッシュ・オン」。
アウトドアものとは言えないけれど大変に印象的なのが、開口健もその著書「白いページ」で憧れるように誉めているスタインベックの短編「朝食」。

ところで、私、これらのアウトドアものに触発されて、このたびソロキャンプデビューすることになりました。
次回は結果報告をしますので、お楽しみに。
ヘミングウェイ短編集.jpg

| 覚えておくと体に良い言葉 | 10:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2005年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。