2005年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

27)皆様、良いお年を

ゆっくりゆっくり膝をがくがくさせながら降りてきました。
ほっと一息。
降りてきました.jpg
元旦のご来光を山頂で迎える計画もあったのですが、アイゼン無しでは中止せざるを得ません。
中止の理由は他にもあって、娘たちを元旦のイオン岡崎の福袋買いに連れていくことになったのです。
8:00にはイオンに着きたいそうで、そうなると我が家を出るのは7:00となり、こりゃあご来光は無理だよね。
残念なような、ほっとしたような。
でもアイゼンは買っておこう。イオン岡崎のスポーツオーソリティで?
では、皆様良いお年を。

スポンサーサイト

| ebizo釣行記 | 15:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

26)ヤバイっ!

よーく足元を見たら、これです!ほとんで全面的に凍っています。
お清水から上50m_3.jpg
これはヤバイっ!
すれ違う人が皆「止めたほうがいいんじゃないの?」と言いたげな目つきで僕の足元を見て降りていきます。
とうとう声を掛けてくれたオイさん(と言ってもおそらく同年代)が「あんた、止めときん」だと。
分かりました。撤退します。時に10:30.40町目の少し先。
でも、果たして無事に降りられるかなあ?
マジに怖くなりました。
そう言えば、私ゃあ高所恐怖症だし(今頃思い出すなって)。

| ebizo釣行記 | 14:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

25)ちょっとヤバイか?

漠然とした不安を感じて立ち止まり、今しがた登ってきた道を振り返ったら!
お清水から50m上.jpg
これはヤバイかもしれません。

| ebizo釣行記 | 14:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

24)アイゼンが要る!?

「お清水」から50mほど登ったところ(ちなみに50mは移動距離で、標高ではありません)。
お清水から50m上_2.jpg
残雪がただごとではなくなってきました。
なにしろ、降りてくる人達は皆アイゼンをつけているではありませんか。
同じペースで登ってきた人達も、やおらザックからアイゼンを取り出し装着しはじめました。
本宮山ってアイゼンが要る山だったんですか!?

| ebizo釣行記 | 14:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

23)お清水で身繕い

林道を30mほど慎重に歩いて、再度、遊歩道(?)に戻り少し登ると「お清水」です。
神社に御参りする訳ですから、ここで口を漱ぎ手を洗います。
清冽な清水のようですが、飲むのは止めたほうが良いと思います。
お清水(40町目辺り).jpg
ここからは急勾配になるので、汗をかかないようウィンドブレーカーを脱ぎます。
ウィンドブレーカーはシマムラの580円モノだぞっ(くどいって)。
あと10町で頂上だと思うと、意気が上がります。息もあがっているけど。

| ebizo釣行記 | 14:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

22)2度目の林道出合からは・・・

2度目の林道出合です。
なんじゃこりゃあ!
厚さ5cm以上のアイスバーンが林道を覆っている。
2度目の林道交差.jpg
辛うじて路肩あたりに露出している砂利を踏んで歩きます。

| ebizo釣行記 | 14:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

21)続・残雪がなかなかの風情

空気が少し冷たくなってきたので、フリースの上にウィンドブレーカーを着込みます。
ゴアテックスなどではなく、ただのナイロン製ですが性能充分。
この日のために(!)、シマムラ(!)で、580円(!)で買ったものです。
!が多くて済みません。
我ながら良い買い物をしたと思いました。
ちなみに化繊混紡のアンダーウェアも、嫁様がシマムラで仕入れたものらしい。
フリースジャケットとパンツ(ズボン)はユニクロの特価品だ。
境内を登る.jpg
文句あっか!というような服装で、残雪の道を快調に登ります。
大変に気持ち良い。爽快です。

| ebizo釣行記 | 13:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

20)残雪がなかなかの風情

東屋(28町目。9:45)で小休止。と言っても約2分で出発。
サボテンさんに指摘される通り、せっかちなのです。
37町目境内入り口を見上げる.jpg
階段の奥に見える鳥居から砥神社奥宮の境内になります(37丁目。10:00)。
ドピーカンなのですが、この辺りから今月20日の大雪の残雪が目にはいるようになってきました。
なかなかの風情ではないですか。


| ebizo釣行記 | 13:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

19)なかなか良いペース

バイト先に長女を送ってウォーキングセンターをスタートしたのが、8:50。
やや遅出ですが、21町目の最初の林道との出合に着いたのが9:25.
まあまあのペース。
林道から.jpg
いよいよ散歩コースから登りにかかります。

| ebizo釣行記 | 13:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

18)37町目より下は

15町目辺り.jpg
37町目辺りまでは、こんな明るい風景が続きます。

| ebizo釣行記 | 12:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

17)年末だからこそトレーニングするぞっ!

東屋から天候状況.jpg
2005年12月29日、懲りずに本宮山に登りました。
今回は単独行です。
天候は、快晴。
年末だというのにアンダーウェアとフリースの2枚だけでも汗ばむほどの日和です。
えー、年末恒例の換気扇掃除は済ませましたし、照明器具の掃除は30日の予定で、今日は公認の予定通りです(何のこっちゃ)。

| ebizo釣行記 | 12:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

16)山頂・・・Two Hearted Small Camp

本宮山頂.jpg
ほぼ標準コースタイム(小学生の)で頂上に着きました。
しかし本宮山の山頂は、TV用の鉄塔が何本も立っているし、
本宮山スカイラインという有料道路が通っているし情緒はないねえ。

| ebizo釣行記 | 17:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

15)登っています・・・Two Hearted Small Camp

本宮山_上り3.jpg
シンドイですが、これが楽しい。

| ebizo釣行記 | 17:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

14)本宮山の東屋から・・・Two Hearted Small Camp

本宮山の東屋から.jpg
本宮山のAコースは、登山口から山頂まで50町ありますが
26町辺りの馬の背岩を過ぎると東屋があります。
写真は、その東屋からの展望で三河湾も太平洋も一望できます。びっくりしたなあ。

| ebizo釣行記 | 16:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

13)本宮山・・・Two Hearted Small Camp

本宮山_上り2.jpg
12月11日に、Quunスタッフのサボテンさんをムリヤリ誘って
新城市の本宮山(標高789m)に登ってきました。
先月のキャンプに引続き、ロックギタリストが何を血迷ってと思われるでしょうが(思わないって)、中高年は山を目指すのであります。
来年の秋にはアルプスとか上高地とかに行こうと思っております。
行ける体力がまだあると思っているのです。
ですから、本宮山なんか軽い軽いとナメテ歩き始めたのですが、頂上まで8割ほど登った頃には写真のような有様。
まるでエベレスト登頂隊員のようではありませんか。
小学生の女の子にも軽~く抜かれたし。
これから毎月1~2回のペースでトレーニング登山をしようと思っています。

| ebizo釣行記 | 14:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2005年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年01月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。