2005年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年03月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

夜明けの森 夕暮れの谷

夜明けの森夕暮れの谷.jpg
新年の挨拶を・・・と思いつつ気がつけばはや2月も半ば。
1月3日(!)から働き始め、忙中閑無しの日々が続きました。やれやれ。
というわけで本宮山トレーニングもままならないのに、早くも興味のフォーカスはズレはじめております。
マガジンハウス社「夜明けの森 夕暮れの谷」は、フライフィッシャーが著した透明で芯のある小説のようなエッセイ集。
著者は、文芸春秋の名編集者で現在は東海大教授の湯川豊氏。
20年近く前に出版された同様のエッセイ集「イワナの夏」も実に結構な読み物であります。
昨年末に集中して山登り本を読んだのだが、高桑信一さんの本で沢登りを知り、さらに源流釣りというジャンルを知りました。
拠って今年は、キャンプも山歩きも続けますが、渓流釣りに挑戦いたします。


スポンサーサイト

| ebizo釣行記 | 14:23 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

2005年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年03月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。