2006年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年02月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

神越でBBQ(07年1月27日)

昨年12月に悪天候のため延期になっていた神越渓谷でのBBQを漸く実現できました。
参加メンバーは、シャクレ様・ミソノアゴ様・サル様に私エビゾウの4名。
皆、厳冬向きの装備を準備しましたが、まるで無用。
大暖冬もひどいものです。
8時20分に現地集合し、即、釣り開始。
なかなかモチベーションが高い。
先ずは、ブラックバス(ブルーギル?)釣りベテランのミソノアゴ様が素早くも釣上げました。流石!
ago1尾目

間をおかずにサル様もゲット!
saru1尾目

シャクレ様がやや焦り気味か。
take焦りながら

シャクレ様、会心の1尾目。
take釣る

シャクレ様、ガッツポーズ。
take1尾目あげる

その後、皆さん思い思いに(連続で釣上げる人、じっくり狙う人、上流を探る人)釣りに専念。
思い思いに1

放流から2時間、もはや容易くは釣れませんが皆さん楽しそうではありませんか。
思い思いに2

もう止めっかと言い出しそうな頃、ミソノアゴさんが居そうもないところからゲット!
粘り勝ち!やりますねえっ。
ago粘り釣り

当然、ガッツポーズだっ。
ago粘り釣りでガッツポーズ

鉤外しもうまい。私は、実はまだできません。
鉤外しもプロ

ミソノアゴさんの釣果にシャクレさんとサルさんが俄然モチベーションを上げて流れに向かう。
逆転狙いの2人

その2人を尻目に余裕で水交換をするミソノアゴ・プロ。
余裕で水交換のago

結局、ミソノアゴさんの1尾が最終釣果となりました。
さて、BBQをするべく釣果を捌きましょう。
先ずは私がやってみせます。
捌く


果敢にトライするミソノアゴさんは直ぐに上手くなってしまった。
捌く2



サルさんは頭部を切り離してしまった。
頭部をぶった切ったsaru



この間、シャクレさんは各メンバーに的確な助言を与え、失敗を指摘し、やり直しを指示する。
これほど口ばっかしの人とは知らなかった(こういう人も必要なんだって)。
仕事以外の付き合いというのは勉強になるね、皆さん。
もうBBQしようぜとなったのだが、何とも火着きの悪い炭に手こずりました。
漸く火ができてホッとしている図。
火が漸くできた


なかなかうまく焼けてきたよ。腹減った。
焼いた釣果

美味いではないかっ!と食らいつく。
マヨネーズが美味かったね?
釣果を食う2

釣果を食う1

シャクレさん・ミソノアゴさん・サルさん、お付き合いいただきありがとうございました。
もう少し暖かくなったら(或いは、秋になったら)またやりましょうか?
花形さん、季節外れにご対応いただきありがとうございました。
また伺いますので、よろしくお願いします。
シャクレ様、さっそくコメントをいただきありがとうございました。
今度は源流へ行きましょう。
スポンサーサイト

| ebizo禁漁日記 | 17:33 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

松の内のご報告

デジカメが直って戻ってきました。
これで来る27日のBBQ取材も安心安心。
以下、松の内にアップしたかった諸事など。
まずは、(株)サンスイのオリジナル・テンカラ・ライン「RS-4」のお姿。
RS-4

次は、ティムコのフライフック「TMC100SP-BL」
TMC100SP-BL

そして、フライタイイングキットですっ!
タイイングキット

バイスの先っちょに何やら毛鉤らしきものが挟まれているのがお分かりですか?
2007年1月1日に生まれて初めて巻いた毛鉤(らしきもの)ですっ。
明日からはエルクヘアカディスに挑戦いたしますのだ。

サンスイRSを手に入れたところで、手持ちのフライラインのような太いラインと振り比べをしてみました。
サンスイRSは私にはとても振れたものではありません。
ビシビシ振っても飛ぶどころか竿先から垂れるのみ。
時には垂れるどころか竿先にくしゃくしゃになって絡まったりして。
練習しなくちゃなあ。
でも竿も悪いのだろうなあ。
胴振れは収まらないし、10時の位置で腕を止めても先が上下にブルンブルンしております。
おかげでラインはあっちこっちに暴れまわり、ウィンドノットはできるは、絡まるは・・・。
渓峰とかほしいなあ。
今日、TMC100SP-BLの#12を注文しに行った釣具屋さんでいろいろ見て回りましたが、毛鉤のマテリアル(素材)も高いもんですね。
貧乏親爺には手が出せない値段です。
でも欲しいなあ、何やらのハックル。
それからシヨート丈のレインウェア。
Daiwaのシステムデイパック。
テンカラは身軽でシンプルな釣だと言われますが、とりあえず初期投資には結構掛かりそうです。
フライなんぞは金持ちの遊びだな。

下の写真で、ラインの間にあるのは「海釣師」ヤマちゃんに貰った25号の錘。
これをRSに付けて一晩二階から吊るして巻き癖をとるのだ。
巻き癖をとり真っ直ぐになったRSをビシッとポイントに振り込むのである。
自作のエルクヘアカディスをナチュラルドリフトさせるのである。
本当はフライのカタカナ用語は大嫌い(貧乏人の僻みだなあ)。
ともあれ、27日のBBQ顛末記を待たれよ。
ライン

| ebizo禁漁日記 | 18:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

明けまして

おめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。
本当は1日に巻いた毛鉤やタイイングツールなどをお目にかけたかったのですが、できません。
何となれば、デジカメが壊れました。ギャオ~!
画像がなくては寂しいので、タイトルに使っているものをフルサイズでアップした次第です。

早く行きたいですねえ。N氏さん!
大納2回目

2月は近場でも何箇所か解禁になるはずで、SさんやKさんを誘ってみたのですが寒いから嫌だのブドウ虫を採り忘れただのと乗ってきません。
こうなったら独りで出かけようと思っております。

| ebizo禁漁日記 | 16:39 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

2006年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年02月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。