2007年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年10月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

2007年最終釣行

2007年32回目の、そしてシーズン最終の釣行はM谷と決めていましたが先行者に阻まれ転進しました。
そこがなかなか良い渓で(喜)。
070929-1

足首までほどの浅い流れに20cm前後のアマゴとイワナが結構な濃さでおりました。
070929-2

渓相も入り易さも、T谷(「良い渓見っけ」のT谷)とそっくり。
070929-3

070929-4

070929-5

070929-6

070929-7

070929-8

070929-9

070929-10

今シーズン最後の釣果。なんと24cmの雌アマゴ。
体高があって良く肥えているので、尺岩魚ほどのヴォリューム感があります。
いやあ良いシーズンだったなあ。
N氏、Nさん、その他の釣友のみなさん、ありがとうございました。
来シーズンもよろしくお願いします。
070929-11

070929-12

スポンサーサイト

| ebizo釣行記 | 07:55 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

朝のウォーキング

K氏の情報を手掛りに来たところはボサで川が見えません。
入り込んでみましたが、竿を出すどころか移動自体が困難なほど。
横川の上流

花1

花2

花3

花4

寒狭川上流に転進して道路脇の沢に突入。
沢の唯一のポイント

9gatsu

沢の滝

| ebizo釣行記 | 17:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

S川に挨拶行

今日は、今シーズン何回か遊ばせてもらったS川にシーズン納めの挨拶に行ってきました。
ゆっくり起きて準備をし入渓したのは、9:00を過ぎておりました。
毎度の入渓点。
雨のせいで水量は多いけど濁りはありません。
入渓点0919

結構な水量です。
流れ1

魚信はチラホラあるものの餌を取られてばかり。
流れ2

飛沫を受けながら流れの中の岩でカナブンが寝ていました。
カナブン

ここは居そうですが、いまだかつて魚信があったためしがありません。
反応の無い淵

とうとう釣果なく折り返し点の堰堤に着いてしまいました。
ここも今まで魚信を感じたことの無い場所です。
でも最後ですから竿を出します。
堰堤

ヒョエ~。来てくれました。
稚魚放流モノでしょうか。12cmほど。
アマゴ

丁寧にリリース。
画像はリリース直後の水の中のアマゴ。
リリース後のアマゴ

来シーズンも解禁初日に来るから、よろしくっ。
堰堤直下の滝

| ebizo釣行記 | 15:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Nさん達の3泊行

8月に一泊行に連れていってくれたテンカラNさん達の三泊四日行の画像をいただきましたので、掲載させてもらいました。
いやあスケールが違いますねえ。
本でしか見たことの無い源流です。
kmn1

元気に遡行されておられますが、Nさんのメールによると滅茶苦茶ハードだったらしいですねえ。
オイラも行きたいけど、オイラの10倍は体力のあるNさんが音をあげるようではオイラは無理だろうなあ。
kmn2

大場所で竿を出すKさん。
大物は出ましたか?
kmn3

| ebizo釣行記 | 06:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

釣りに行けませんでした

海の幸

下伊那に行くつもりで、1階の音楽部屋で準備しシュラフで寝たのですが、起きたら9:00でした。
結局、今日はズル休み(釣りですよ)してしまいました。
思ったより疲れているようです。
考えてみれば、解禁以来こういう普通の休養を取ったのは何ヶ月振りかもしれません。
釣行は止めて、今日は本を読んだり、ギターを(ストラトをアンプラグドで)弾いたり、音楽を聴いたりして過ごしました。
これらの楽しみは久し振りも良いところで、何と言いましょうか、これほど読書と音楽に餓えていたとは思いませんでした。
文章や音楽が、干ばつの土地に漸く来た雨のようにポツポツと滲み入り、やがて小川のように潤してくれ、奔流のように迸ることもありました。
意識できないほど乾いていたんだね。
落涙しそうになる時もあったりしちゃったりして。
こういう休みも良いもんです。
読んだ本は、
塩野七生「ローマ人の物語」Ⅳfont color="#000000">と、林望「帰らぬ日遠い日」、森鴎外「渋江抽斎」
ミュージックは、
ECのアンプラグドとイーグルスのヘル・フリーゼス・オーバーをビデオで。
CDでスティリーダンを何枚も、愛奴と竹内まりあなんかも聴いちゃったりして。
あと絵を描ければ完璧の休日だったんですが、時間が足りませんでした。
家の用事も済ませたしね。

| 詩人旅行必携手帳 | 23:45 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

遥かなるT谷~昨年7月以来のツ抜け

ツ抜けの内訳は、キープ6匹。外し3匹。リリース1匹。計10匹。
入渓点は、こんな長閑な感じ。
整備された自動車林道が途切れた辺りです。
8月に過激な一泊行を経験した初心者には大変楽チンな釣行でした。
T谷の入渓点

しかも、毎回ボに近い釣果しかないオイラにとっては、まるで入掛かりのようにも思える魚影の濃さ。
良い渓です。
Kさんも来れると良かったのにね。
渓の長さは3kmあるので、明確な初心者向けポイントにだけ竿を出し、どんどん飛ばして遡行しました。
まあまあ良型。
7寸超。
まあ良型2

そのポイント。
まあ良型2のポイント

これも7寸超。
普段ならこれだけで舞い上がってしまうところですが。
まあ良型

そのポイント。
堰堤の下で釣れるなんて久し振り。
去年、荷暮で大物(たぶん)にハリスを切られて以来だと思います。
まあ良型のポイント

堰堤を巻いた上で、とりあえずブランチ。
おムスビが美味しいっ!
ランチ

出ましたよ、8寸超の良型です。
良型1

良型のポイント。
良型1のポイント

またもや8寸超。
良型2

ポイントとその上流。
T谷のイメージ画像でもあります。
これで岩魚が沢山いるのですから、良い処でしょう?
T谷のイメージ

この魚止め(初心者止め)のような滝の一つ下の滝で、尺を上げたのでございます。
この滝には何もおりませんでした。
この滝を降りた時、大きな物音とともにカモシカが斜面を飛び降りてきて、そのまま沢沿いに下流へ走り去っていきました。
デジカメは収納状態だったため撮影できず残念。
魚止めの滝

上の魚止めの滝壺から見下ろした尺のポイントです。
尺のポイントを見下ろす


尺を上げられて大満足。あとは花など撮影しつつ集合場所へのんびり帰ります。
名前は知りませんがきれいな花です。
白い花

これは分かります。
ツリフネソウ。可憐です。
ツリフネソウ

これも分かりませんが、面白い花(?)です。
花かな

ETC通勤割引の時間まで温泉に入ったりして暢(のん)びりしました。
午後3時の気温は29℃。空はもう秋空みたいです。
もう秋空

生ビールを飲み、ついでに飛騨牛の串焼きなど食す。
まあまあ美味い。筋が多かったです。
これを源流で食えたら美味いでしょうねえ。
そう言えば、今日はテンカラさん達が3泊を始める日ではなかったか?
凄いなあ。
Nさん、結果を教えてね。
飛騨牛の串焼き

シーズン最後の月になってしまいましたが、今年はいろいろ初体験できて良いシーズンになりました。
熊に遭遇。
川鼠も見ました。
双六渓谷でキャンプ釣行を実行。
厳しい一泊源流行を体験。
会いたかったカモシカに遭遇できました。
念願の尺を釣りました!(これで漸くものが言えますね)
大満足のシーズン。
でも今月中に、あと3回は行きたいなあ。
寒狭と下伊那と岐阜か福井。
N氏さん、もう一回、Kさんと行きましょうね。

| ebizo釣行記 | 21:15 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

遥かなるT谷~初心者、尺を上げる

昨年始めたばかりの渓流釣り初心者が、幸運なことに尺岩魚を釣りあげることができました。
嬉しいっ。
精悍な雄の岩魚です。
顔

釣りあげたポイント。
5:30に入渓して一本の谷を一人で釣り上がって、10:00に魚止めのような二段の滝に突き当たりました。
かなりの勢いの落ち込みで、ここには居ないだろううなと思いつつ、今日最後の竿出しのつもりでお義理のように振込みましたら、すぐに来ましたっ。
この沢ではずっとこんな感じでした。
まあまあ良型の時など、とりあえず振り込んでからベストのポケットを閉めている時に(竿先も見ず、竿もしっかり持っていない時に)来ちまったですから。
もう根掛かりかとウンザリして竿を上げたら、釣れていたのであります。
ポイントを探って釣上げたのではありません。
振り込めば、即、来てくれたという釣りばかりでした。
居るところに来れば、こういうことなのでしょうね。
この時も餌を入れた途端に喰ってくれました。
Sさん・Kさん、腕でもなんでもありません。
岩魚から来てくれただけです。
ともかく31cmだ。ガハハ・・・。
ポイント

見てください。
31cmだっ!ひえ~。
30cmオーバーなのね。
尺オーバーなのね。
分かりますよね(クドイッって)。
尺だったなんて、今、気付きました(ええ加減にせえよ)。
メジャー

太く綺麗な胴体。
全長は何cmでしたか?(31cmでしたよねえ)。
胴

大きな尾びれ。
全長は何cmでしたか?(31cmでしたよねえ)。
尾鰭

全身。
全長は何cmでしたか?(31cmでしたよねえ)。
全身

その他の釣果、画像は追ってアップいたします。
お楽しみに。
ところで全長は何cmでしたか?(くどいと嫌われるよ!)。

| ebizo釣行記 | 20:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年10月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。