2008年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年06月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

浪○でアマゴを釣りましたが・・・

遅い出発になってしまい、寒狭上流でもいいかなどと思いながらも、2時間かけて浪○に来ました。
とにかく綺麗です。
今月7日と同じところへ行きました(一穴バカ。純情なのですな、結婚25年目で浮気なしですから!?)。
恩田川

7:30に入渓して丁寧に探りますが、無反応。
釣れたポイント

脱渓場所でようやく反応あり。
上の画像がその場所です。
白い大きな岩の左の自然な流れ込みではなく、右側の淀んだような小さなたまりで反応しました。
もわっと体を反転させる子がおりました。
いっそう丁寧にやりましたよ。
最初に反応があったフライは、アントパラシュート。
まだ早いのでしょうが、一昨日と昨日の夜#16#18を4本ずつ巻いたので使ってみました。
一回反応した後、しつこくアントを流しましたがもうダメ。
オリジナルの老眼用エルクヘアカディス(カラー目印付き)に替えます。

ばっちり出ました。
釣上げてキャッチしました。
但し、写真がありません。
興奮して写真の背景(ネットやロッド&リールの配置、流れが写せる位置など)に気を配って(凝って)いる内に、バーブレスフックを外して逃げてしまったのです。
ランディングしたら、とりあえず撮っておかなくちゃあいけませんね。
でも、ボでなくて本当に良かった(内心、とても満足)。

今回のフライBOXです。
全部、見よう見まねの不恰好なものばかり・見当違いなものばかりです。
アントがありますでしょ(右ケースの4段目です、黄色いウィングが#16、オレンジが#18、今日一個無くしました)。
いつから使うのかよく分からないから、とりあえず使っちまいました。
右ケースの上段2段が、老眼用&乱視用エルクヘアカディスです(本当にお恥ずかしい)。
今日のFLYbox


でも、恩○川で釣ったアマゴ(?)は大きくてメタボでしたが、鰭が異様に小さかったのですよ。
胸鰭なんて無いも同然。
ちょっと気持ち悪かったなあ。
淀んだところにいるこんなのしか居ないんじゃあ浪○は今回限りにしよう。

もう帰りたくなったけど、今月7日に完全無視してくれたアマゴが気になって、治○坂川をちょっと見。
治部坂川1

もう居ませんでした。
来週は下伊那に行こう。
治部坂川2
スポンサーサイト

| キャスティング練習の日々 | 16:58 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

N氏M氏、爆釣。オイラは・・・

スミマセン、テキストは明日書きます。
なにしろ落石の直撃を食らってしまい、脚が痛いよう、熱も出てきたよう・・・

一晩寝たら少し良くなりましたので、レポートを真面目に。

新緑と清流と残雪の山という絶景(でしょ?)。
N氏、そのご友人のM氏と3人での釣行です。
行き先は、N氏のとっておきの隠し沢ということで、オイラは車に乗せられたとたん酒を飲むように指示されあっという間に爆睡し場所がどこかよく分かりません。
残雪の高い山はどうも白山らしいのですが。
1

N氏とM氏は本命の本流を、オイラは支流を行きます。
6:00から11:00まで遡行してアタリが出始めたのは最後の1時間くらい。
でも出るときは実に素直に反応してくれます。
この子は、先週オイラが初体験したのと同様のフライがふっと消えるアタリで出てくれました。
22cmくらい。
2

22cmの出たところ。
左手の白泡の下手、右奥の浅い緩流から。
3


なかなか良い型。
この子は、頭を出してガバッと喰いました。
迫力のアタリでしたよ。
4

ガバッと出たところ。
ちょうど画像の中心辺り。
2箇所の白泡の中間にフライを落として少し流しピックアップしようとする寸前でした。
5


3匹目、20cm弱。
かわいい顔してますな。
エルクヘアカディスは#14ですが、でかく見えます。
変なエルクヘアカディスでしょ?
目が悪いので目印を追加しているのです。
6

20cm弱の出たところ。
画像右端の白い石の向こうから。
この時は、食いつく前に水中で反転する姿が見えました。
7

12時集合の約束なので、せっかく反応が良くなってきた11時に折り返します。
その折り返し点から下流の風景。
向こうの高い山にも僅かな残雪がありますね。
10

本流を行った二人は9:00には納竿し山菜を採っていたそうです。
短時間の釣果は、N氏が28cmを頭に12匹、M氏が8匹。
M氏は今日が生まれて初めての渓流釣りなんだって。
それで8匹かよ。
本流へ行くべきだったなあ。
密かに爆釣の期待を持っていた今回、かなりの不完全燃焼に終わってしまいました。
一人でも是非来たいけれど、帰りの車中でも爆睡してしまい(車止め帰着と同時にビールを手渡され、後席にはウィスキーのポケット瓶も用意され・・・)何処の何という渓なのかさっぱり訳分からん。

| キャスティング練習の日々 | 20:47 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

てるやまさんの北海道便り

オイラをFFの世界に誘ってくれた大恩人、あるいはメフィストフェレスであるところの”てるやま”さんが、G/Wにまた豪快な釣行をされました。
頂いた画像と釣行レポートを転載させていただきます(ダイジェストですが)。

*****************************************************************************
5月1日
釧路空港着、天気は曇り、気温は15度
早速、O川の河口に向かう、広い河口ではじめてのスペイロッドでの釣り
スペイキャストは未熟なのでオーバーヘッドキャストにて・・・・・
47センチのアメマスを頭に7匹・・・・海へのくだりに備えてか反応が悪い・・・
(残念ながら画像なし:えびぞう)

5月2日
いつものアメマスの沼にむかうが25-30センチのチビあめ2匹。
有名な別寒部牛川へ転戦・・・・・
湿原の川

有名ポイントを望むも今日は人影少ない・・・・線路から川にたどり着くまでずぶずぶでこわい川です。
川に出るまでに湿原の穴に落ちでれずに死んだ釣り人も多いという噂です。
海風が強く苦戦!!ここも25-30センチのチビアメ2匹で終わり

5月3日
気温25度という異常な暑さ・・・・
モンスターレインボウがいるという噂のS川へ
ここは川も広く、流れも結構あり、スペイキャストの練習には絶好の川
1日中粘るもレインボウは顔を出さず・・・・
代わりにご禁制の春告鱒がスペイロッドをしならせてくれました。もちろん、すぐリリースです・・・
本州と違い小型が多く最大でも49センチどまりでした。
(この日も残念なことに画像なし:えびぞう)

5月4日 最終日
朝の気温は2.5度とやっといつものらしい気温になりました。
午前中、T川の河口にはいり、47センチを頭に8匹のアメマス・・・・・
夕方、初日のO川の河口に移動、
スペイでのオーバーヘッドキャストがフォローの風に乗って30mくらい出て行った。
きた!
今回最大の53センチアメマス・・・・海にもどり太って秋に再開できることを願ってリリース・・・
スペイで53cm


釣が終わって日が暮れて・・・・これから東京に帰るのが憂鬱になる時間です・・・・・
河口の夕暮れ

*****************************************************************************

凄いなあ。
こんな凄い釣行に行かれる方を、東海北陸の川にお誘いしても来ていただけないでしょうねえ。

次回の釣行記も楽しみにしております。

| ebizo禁漁日記 | 22:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

若葉の季節

台風2号の影響が去り、とても好い日和になってしまった。
久し振りに朝寝を決め込んでみたもののこれではじっとしていられません。

出かけましたよ、近場の名前を知らない渓に。
なかなかの渓相。
毎度のごとく「釣れっこないさ」とほとんど開き直っての渓歩き。
でも、この季節は渓を歩けるだけで満足させられてしまいますねえ。
毎年この時期は、ビージーズの「若葉の頃」のメロディが頭の中で流れ始めます(5月病とかいう病気ではあるまいか。あるいはアルツハイマーかあ?)。
渓流1

こんないかにも居そうな処に居ないんだよねえ。
今シーズンのこれまでは毎回そうでしたよねえ。
渓流2

今日は、ドライのみ、それもエルクヘアカディスのみでやってみます。
シンプルな仕掛けでもライントラブルばかり.
バックキャストすれば木の枝に引っかかる、肩まで流せば根掛かりする、ウィンドノットだらけになる、やれやれ。
でもともかく続けます。
ボは毎度のことじゃありませんか。
諸先輩は、1匹目までは半年かかる、いや1年かかる、忍耐・我慢だよと慰めてくれますし・・・。

何の変哲もないポイントへ、それまでと変わらないアプローチをしましたら、
出たっ!
浅い巻き返しへの1投目。
30cmほども流したところでフイッとフライが水中へ引き込まれました。
ドライフライへのイワナの当たりというのはこれか?とロッドを立てますとフッキングしました。
暴れる暴れる。
興奮しましたですねえ。
なるほど、居れば出るのですね。

記念のイワナ君です。
オイラは柔和な視線を向けるのですが、イワナ君は「何だ、このヤロー」です。
当然ではありますが・・・。
釣果1

初めての1匹目をゲットし、興奮覚めやらないまま次のポイントへキャスティング(と言ってもラインを最短にしてのサイドキャストです)。
出たっ!
この時も僅かな距離を流しただけです。
なるほど、居れば出るのですね。(クドイよ)
釣果2

暫く遡行すると珍しく頭上の開いたところがありました。
長めにラインを出してキャスティング。
釣果を期待してというより、キャスティングとナチュラルドリフトの練習のつもりです。
なにしろ、もう2匹もキャッチして大満足してますから(諸先輩の慰めのお言葉からすれば、今シーズンの目標を達成してしまったのですから)。
小さな段差の下流側の流れの中にひざまずいて、段差の上の流れの奥にキャスティングします。
3投目くらいで早過ぎず遅すぎずフライが流れました。

するとまた出たっ!
今回フライが流れたのは1mくらい。
釣りビデオで見たようにロッドを立てて左手でラインを手繰ります。
バーブレスフックなので外れないよう慌てふためきながら、頭の半分では「今のこのオレはカッコイイんだろうなあ」なんて思ってニヤついてしまいました。
なもんで、ランディングネット(オイラの場合は、まだ餌釣り師用の渓流タモですが)に手を伸ばしたとたんバランスを崩して倒れてしまい右半身をざんぶと流れに沈めてしまいました。
(イワナが逃げずにデジカメも濡らさずに済んで、あーよかった)
釣果3-1

今日は、イワナを3匹キャッチ(もちろん全部リリースしましたよ)、他にバラシが3回でした。
いやあ、ドライは面白い!FFは面白い!餌釣りよりずっと面白いなあ(少なくとも今日は)。

ところでこの渓の場所は言えません。
言うと非常なる危険が迫るためです、悪しからず、トホホ・・・

| キャスティング練習の日々 | 17:22 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

寒狭上流と南信州の写真など・・・

まことに気持ちの良い季節がやってまいりましたね。
釣れないと諦めつつも心が逸って出かけてしまう今日この頃です。
まずは、近場へ。
11日まで連休の方々がけっこうおられまして、稚拙なキャスティングを見られるのが恥ずかしいのでありました。
seiryuukouen01


なので、花を撮って帰りました。
seiryuukouen02


浪○って本当に綺麗な川ですね。
ここで何とイワナが出てくれたのです。
石と石との間にドライフライを流していると、石の下から誠にもっさりとフライを見に現れました。
そして帰ってしまいました。
10回以上も流したけれど、もう2度と出ませんでした。
こんなもんですか、FFって?
(人のせいにするような口の利き方をするんじゃあねえ!)。
はい、分かりました。今後二度とこのようなことは言いません、キャインキャイン(殿山泰二さんです)。
n1

前にも後ろにも、餌釣り師。なので、転進。
しかし、浪○川に移動してもM河ナンバーの餌釣り師がいたるところに入っておりました。

目立たない処に入り込み、僅かな距離を歩いてみました。
禁漁区直前の最後のポイントの小さなプール(?)。
それにしても本当に綺麗な流れですね。
namiai2


ここに着いた時間は14:00でした。
納竿の予定時間だったので、やれやれと帰り支度をしようと思ったら、アマゴが5匹もゆったりと定位しているじゃあありませんか!
ソラックスダン、クイルボディパラシュート、マーカーとシンカーをつけてのニンフ、何をやっても少し位置を変えながら定位しているばかり。
そのうち、僅かながらライズすることがあり、元気そうなのがふらふらと水面近くに上がってきました。
慌ててニンフをミッジアダルト(?)に変えて流しますと、グッ、グンッ。
来ましたっ!
これぞ餌釣りで覚えのあるアタリですっ。
やった!とロッドを立てるとスコッと重みがなくなっちまったじゃありませんか。
ラインを手繰りティペットの先を見ると・・・
フライを結んだティペットが解けておりました。
焦って結んだせいでしょう。
トホホにもほどがあります。
脱力感、無力感、喪失感・・・
オイラはもう帰って酒飲んで寝る!
でもあのアマゴには悪いことをしてしまった。
バーブレスフックだから自然に抜けてくれれば良いんだけどなあ。

ライン1mで充分届くところにいたアマゴ。
その近さにオイラがいるのに逃げようとしません。
1時間楽しめただけで良かった(のかなあ?)
namiai3

| キャスティング練習の日々 | 23:27 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年06月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。