2008年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

黒部三日目

とうとう最後の日です。
辛い帰り道です。
8時間の山歩きをするだけの日です。
そうしないと家に帰れないんやで。
早く支度して歩こうぜ、と皆が背中で言っています。
身支度
薬師沢小屋から5分登ったところで下を見ましたら、これです。
両側は断崖絶壁。
オイラは黙っていたけど極度の高所恐怖症なのでありまして、家で高さ50cmの脚立に乗っても目が眩むのでありますが、この時の心持と言ったら・・・。
薬師沢小屋からの急登
急登を終えると緩やかなカベッケ平が続きます。
カベッケ平?
カベッケ平2
モウセンゴケ
野いちご
高山の花
緩やかな登山道の終点、薬師沢第一渡渉点の鉄橋です。
あそこにイワナが定位しとるぎゃあ、と騒いでおります。
薬師沢小屋から急登せずに、川通しにここまで釣り上がる手もあるなあ。
第一渡渉橋1
橋の上流側。
う~ん、これまた結構。
第一渡渉橋から
非情なる第二の急登が始まりました。
死にそうになって小休止をお願いしたところで振り返ってみました。
ぜいぜい言いながら写真を撮るオイラに護送艦隊から放たれる視線の厳しさといったら・・・。
急登の途中で
ようやく急登を終えると、太郎平小屋が見えました。
嬉しかったぁ。
太郎が見えた1
護送艦隊の司令官0氏の足も速まる。
太郎が見えた2
今回のメンバー全員での記念写真。
ようやくセルフタイマーを使えました。
向って右から、弱冠23歳にしてFF歴5年のH君、毎週水曜日はFFで土曜日は登山という護送艦隊司令官O氏、ツアーガイドのSさん、Sさんと源流から海までお付き合いの深い最強メンバーのAさん、そして左端がオイラ。
太郎での集合写真
太郎平で昼食休憩の後、三角点へ向う下りの登山道。
緩やかで簡単そうに見えるけどかなりキツイですよ。
太郎から三角点へ
三角点にもう少しの地点で有峰湖が見えました。
かなり渇水してますね。
有峰湖
三角点の後が急降下でありまして、これまたキツカッタ。
でも、三日間とも得難い体験で楽しかったあ。
ご一緒していただいた皆さん、ありがとうございました。
来年もよろしくっ!
皆さんありがとう

三日目の行程;
6:55 薬師沢小屋を出発
10:00 太郎平小屋 着
11:05 太郎平小屋 出発
11:45 五光ベンチ 小休止
12:45 有峰湖を見る
12:55 三角点 着
13:15 三角点 出発
14:25 折立登山口 着
スポンサーサイト

| キャスティング練習の日々 | 17:39 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

黒部二日目(釣りです)

前夜、疲労でダウンしてまいどうなることやらと我ながら心細くなっておりました。
バンテリンをべたべたに塗りこみ18:00に就寝したおかげで、早起きできました。
5:00の小屋前の渓です。
いい感じ。
早朝の川
朝食が5:30なので少しベランダで渓を眺めておりますと、朝食前に親子(小学校3~4年の男の子とお父さんの二人連れ)が、早くも出発し橋を渡って行きました。
あっちのルートは厳しいらしいんですが、凄いなあ。
早朝の親子
5:30朝食。
皆、お代わりしてガンガン喰います。
朝食
朝食後、出発するかと思いきや全員二度寝!?
10時過ぎでないと釣れないのだそうであります。

ようやく2回目の起床。
若い人は熟睡できたようですなあ。
起床1
司令官は熟睡できなかったみたいですなあ。
起床2
いよいよ入渓。
3人組と2人組の二手に分かれます。
オイラは3人組で、黒部川の上流に向かいます。
入渓
SさんOさんがさっそく竿を出します。
第一投
オイラは1時間先行するべく二人に別れを告げ、ひたすら上流へ歩きます。
赤木沢に行きたいのであります。
小屋の近場の渓相
でも、時間を気にしつつも竿を出してしまいました。
ライズしてんですからっ!
一匹目
上流の渓相
二匹目
三匹目
五匹目
六匹目
七匹目
四匹目
結局、赤木沢に行く前に時間切れとなってしまいました。
素通りできない絶好のポイントが続くことと、そこでボコボコ釣れてしまうためです。
あとで小屋のお兄さんに聞きましたら、引き返したところから5分先が赤木沢だったとのこと。
残念!
来年も来なくてはならなくなったということです。
ヒヒヒ
尾鰭

| キャスティング練習の日々 | 17:06 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

黒部一日目

岡崎での集合が25日の午前1時。
いよいよ憧れの黒部へ出発です。
東名~東海環状~東海北陸~北陸と走りまして、立山IC着は4:30.
有峰林道ゲート着は、5:00。
有峰林道ゲートのオープンは6:00なので朝食など摂って時間つぶし。
折立登山口に、6:30。
写真は、オープン前の有峰林道ゲート。
有峰林道ゲート
速報で折立登山口の写真を載せましたので今回は端折りますが、ともかく初っ端から急登です。
本宮山の30丁目以降のような急登が延々と続きます。
25日-急登
有名なアラレちゃんの表示。
アラレちゃん
急登は、いくら経っても終わりません。
これは、以降すべての行程で変わらない印象でした。
「いいかげんにせえよ、いいかげんにしておくれん」が延々と・・・
急登は続く
最初の大休止は三角点。
時間は、8:50。
ここは標高1,871mなので、500mほども登りました。
25日-三角点
三角点から見た山塊と雲海。
三角点からの雲海
少し馴れたかなと思ったら、またまた酷い登りが始まりす。
三角点からの登り
太郎平へ1
小休止に花など撮ったりしましたが、既にグループのウィークポイントと見抜かれたオイラに最強のメンバーが前後に付きました。
護送艦隊であります。
という訳で絶好の写真ポイントでも呼吸を整えるばかり。
護送メンバーに挟まれながら写真を撮るなんてできるはずもなく・・・。
護送メンバーは「早ようせんかい」光線をギラギラと照射しておりまして(辛いっす)。
でも、隙を見て花なんか撮っちゃったりして。
紫色の花
急登が終わり見晴らしの良い緩やかな登山道になったかに見えましたが、これがキツイのなんの。
延々と、それこそ延々と続きゃあがるのであります。
太郎平へ2
気が遠くなりそうな時期で何だか覚えていない記録画像です。
太郎平へ3
とんでもない急降(一番目)を終えたところにある薬師沢の第一渡渉橋。
オバさんグループに追い越されました。
オバさんグループって、何であんなに元気なのでありましょうか。
第一渡渉橋
それから、またまた延々と歩き、最後に刃物の刃先のように尖がって狭い(両側は絶壁断崖)ルートの急降下があり、ようやく薬師沢小屋に着きました。
それにしても、最後の急降下ルートなんてよく考えついたもんだなあ。
薬師沢小屋に着いた
ここまで来ると紙きり虫もノンビリと人懐こいです。
薬師沢の紙きり虫
2泊お世話になる薬師沢小屋です。
ウワサ通り傾いているようですね。
でも、スタッフの人柄も清潔感も食事もとても良く、何の心配もなく安心して来られる山小屋です。
薬師沢小屋の全景
キープしちゃあ駄目よ。
釣り人注意事項
山小屋のテラスから見た黒部川と薬師沢の出会い。
こんな素晴らしい場所に小屋を作ったんですねえ、偉いっ!
出会
テラスから黒部川の上流部を臨む。
明日はこの上流を釣りのぼる(ヒヒヒ)。
黒部川

この日の行程(記録してあるだけの記述です);
4:30 立山IC
5:00 有峰林道ゲート前パーキング着
6:00 有峰林道ゲートオープン
6:30 折立 着
7:00 折立登山口 出発
8:50 三角点 着
11:55 太郎平小屋 着
12:40 太郎平小屋 出発
15:00 薬師沢小屋 着
17:30 夕食
18:00 就寝(オイラだけだったけど)

| キャスティング練習の日々 | 21:57 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2泊3日の源流行(速報)

行って参りました。
さきほど帰ってきたばかりですので、取り急ぎ(行ったという証拠のための)速報をアップしました。

折立の登り口です。
この時は、それぞれのカメラで撮ることも忘れ(逸ってます)、オイラがおりません。
速報_折立

折立からの急登(軟弱オヤジは死にそうでした)をなんとか終えると、さらに延々と登りが続くのです。
写真では笑っていますが、本当にリタイア宣言寸前。
速報_太郎平への道

同行の皆様に支えられて何とか目的地に辿り着けました。
速報_薬師沢小屋

はたして釣果は?(全編のレポートは29日以降のアップとなりそうです。見てやってくらさい。オイラはもうダウン寸前ですzzz・・・)。

| キャスティング練習の日々 | 00:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

野麦峠

前日の大雨(朝方まで土砂降りでした)が嘘のような夏空になりました。
晴れ男が二人揃うとこういうことになるのでありましょうか。

8時頃の渓です、眩しい光景。
ここまで片道6時間ほどもかかりましたが(直行ではありませんよ。直行だと、4時間30分くらいで来れると思います。車中でDVD映画を飽きるほど見ました)、来て良かった。
朝の渓

同行していただいたてつさんはテンカラ名人でありますが、今日はなんとFFです。
流石のキャスティングでプールを攻めています。
テンカラ名人のFF

近くにガクアジサイ(ヤマアジサイ?)、遠くにテンカラ名人フライフィッシャーを配した絶景(?)。
FFとアジサイ

てつさんがさっそくキャッチ。
26cmの良型。
てつさん

オイラはチビあまごに弄ばれるばかり。
こいつらアブラハヤのように攻めてきます。
大きくなってからおいで。
おちびアマゴ

てつさんが順調にイワナを釣上げるのに、オイラはイワナ無しでとうとう堰堤まで来てしまいました。
9回裏2死に追い込まれた場面での起死回生の逆転ホームラン!というほどの感激でござんしたよ。
なかなかの良型です。
体高がありよく太っており綺麗な体色。
やったあ!

えびぞうと堰堤

堰堤でゲット

堰堤でイワナ

その堰堤。
その堰堤

堰堤を巻いて上流へ行きますと、その後も良い型が出るのでした。楽しい!

イワナinネット

2匹目

浅場でゲット

イワナinハンド

花を撮る余裕が出ました。
飛沫に濡れた涼しげな花。
ホタルブクロでしたっけ?
花、楽しかった

帰り道は沢沿いの林道。
なんとそれは旧野麦街道でありました。
旧野麦街道看板

てつさんに同行していただいたおかげで大変楽しい釣行ができました。
ありがとうございました。
また、行こうね。
カーブミラー



| キャスティング練習の日々 | 20:55 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。