PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

6)フローズンダイキリとか・・・覚えてくと体に良い言葉

ヘミングウェイ「海流の中の島々」の下巻が我が家には無いことが分かったので、図書館で借りてきました。
休暇で戦場から我が家へ戻ってきたトム・ハドソンは、2週間分の不精髭を剃り、行きつけのバー「フロリディータ」へ飲みに行きます。
そして、下巻の38ページから102ページ辺りまでカクテルのフローズン・ダイキリを美味しそうに飲みつづけます。
11~12杯も飲みます。普通、3杯飲んだら倒れますね。
僕はドライマティーニを2杯飲んで、足がもつれそうになったことがある。
カクテルってすごく強いものなのですね。
トムの飲み続ける砂糖抜きフローズン・ダイキリをヘミングウェイはこんなふうに描写しています。
『縁が白くなった重いグラスを持ち上げ、氷が塊まって雪のようになったその下の透明な部分を見ていると、海を思い出した。氷の塊まった部分は船の航跡、澄んだ部分は、底が泥灰土の浅い海でバウが切る水。ほとんどそっくりの色だった。
「深い海の水の色をした酒は作れんものかな-水深八百尋、べた凪、太陽はまっすぐ頭上から照る、プランクトンで一杯の海のな」』

フローズンダイキリ.jpg

スポンサーサイト

| 覚えておくと体に良い言葉 | 19:27 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして、パイジです。
カクテルはいろんなストーリーがあって
面白いですね。
僕も酒が嫌いなほうではないので
以前はよくカクテルを呑みました。
その中でもラムベースは好きです。
フローズンダイキリも
白ラムとキュラソー、ライムジュースで
つくるさっぱりしてておいしいお酒ですね。
良く呑んでいたのはやはり白ラムで
モヒートというお酒です。
ミントを潰して、がぶっと呑むロングカクテルですが
うまいです。
では、また書かせていただきます。

| パイジ | 2005/09/14 21:48 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ebizoec.blog60.fc2.com/tb.php/13-adf59c31

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。