PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

清内路・・・N氏劇場

この日は前々からN氏と福井に行くことになっていましたが、直近の雪で見合わせることになり、替りに私目の提案で下伊那に行きました。
下伊那郡清内路村。良いところですねえ。
貴重な情報はベテラン渓流師Sさんからいただきました。
そういった情報は普通教えてもらえないことだそうです(そりゃそうだ。俺だったら教えない)。
それを敢えて教えていただいたSさんに大変感謝いたします。
今期中に一度ご一緒できると嬉しいです。よろしくお願いします。
Kさんも来れるといいですね。

さて、清内路。
入渓はお豆腐屋さん前の橋の下から。
民家裏手の小川そのもの。
Sさんの情報の真偽をやや疑ってしまった(後に誤りと分かりました。済みません)。
チビアマゴを釣りながら少しモチベーションを落としながら遡行するうちに、来ました!
砂地の浅場でしたが、N氏が見事に尺岩魚を釣上げましたっ。
N氏もさすがにガッツポーズです。
N氏、尺岩魚でガッツポーズ

尺岩魚が出たポイント。
浅く水温が低いのによくこんなにサビの取れた大物がいたものです。
尺岩魚のポイント

渓相がだんだん良くなってきます。
清内路の沢

私が何をしていたかというと、「ボ」だった訳ではないのですよ。
またもや一投目で(不思議なことなり)チビアマゴを釣ったりしていたんですねえ。
N氏の尺の後で15cmイワナを釣ったりもしました。
画像は、下のもの(15CMイワナ)以外は全てピンボケだったため割愛させていただきました。
我ながら残念。
おチビだったけどアマゴは皆ヒレピンで綺麗だったんだけどねえ。
しかし、釣果は嘘ではありません。N氏の証言をいただけることが可能です。
ebizoの15cmイワナ

やがて沢では上に行くほど魚信が遠くなり、転進することにしました。
転進先は、これもSさんの情報の内からY川にさせていただきました。
「2番目の大堰堤より上」と教えてもらったのに間違えて1番目の上に入渓。
私にはポイントの見極めのつかない川相(ちゃら瀬が延々と続く)。
そんなところでN氏は綺麗なアマゴを見事に釣り続ける。
川底が丸見えの、水深20CMくらいのところから次々とアマゴを釣るのであります。
今日は尺岩魚にアマゴ40尾くらいでしたか?

私はここでは3回バラして結局「ボ」でした。
アマゴのつり方を勉強しよう。
横川のアマゴ

魚影の濃さも川相もだんだん良くなってきたころ、2番目の大堰堤に突き当たりました。
車に戻るか高巻きするかというところでN氏の決断は高巻き。
N氏が先行しロープを下ろすから登れとおっしゃる。
そのN氏を見上げた画像。
横川堰堤の高巻きルート

ロープで確保してもらいながら2ピッチ。
今度はトラバースすることになった。
それが大変。
体重を支える貴重な手掛かりである木が全く無い斜面に出てしまったのです。
傾斜は凄く、柔らかい土に靴を蹴り込んで足掛かりを作り伏せるようにしていても、立ち木に掴まっていないとズリ落ちてしまうのよ!
私が「危ないから上に出ましょう」と言ったのですが、N氏は「ebizoさんはそうしてください」と言ってロープでセルフビレイしトラバースを試みる。
私が大分登ってから下を見るとN氏はまだトラバースにチャレンジ中。
ロープに掴まって横にジャンプしました。
流石は源流オヤジ。
しかし!着地に失敗して滑落していくではないかっ!
オレはどうすれば良いのだ、ともかく登ろう。
かなり高度差のある道路に出て下を見る。
NさんNさんと呼ぶが返事が無い。
助けに降りて行くか?怖いっ、高所恐怖症やねん。
N氏を待つ

暫し思案の末、覚悟を決める。
オレも男だっ!涙を飲んで一人で帰ろう。
オヤジが二人も一遍に死ぬことは無いではないか。

でも、その前にもう一度呼んでみっか。
Nさーん。
はい。
何だ、登ってきていたのか。良かった。
えー、心の底から本当に良かったです。

尺イワナ・アマゴ釣り・高巻き滑落と、誠に「N氏劇場」の一日でした。
帰路(横川の空と山)

再来週この川のリベンジしますから、N氏さんご予定いただけますようよろしくお願いします。
スポンサーサイト

| ebizo釣行記 | 18:31 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

NAさん、こんにちは
お恥ずかしい限りです。
寒狭は人が入り過ぎのようで魚信がありません。
それでも懲りずに行ってしまうアホな私でした。
来週の下伊那が楽しみです。よろしくお願いします。
それから4月以降の奥越も!

| ebizo | 2007/03/21 09:58 | URL | ≫ EDIT

ガンバッテマスネ
今日も行ってみえましたね?
やりますね。来週の水曜日ですが楽しみにしています。
今度は、のんびりいきましょう。カメラ担当になりますのでよろしくお願いします。

| NA | 2007/03/20 21:42 | URL | ≫ EDIT

シーズンは
始まったばかり。9月末まで6ヶ月も残っています。うれピーっ!
明日はいよいよエイトリングでの懸垂下降入門です。ワクワク。
気候の良い頃になったら、取材ツアーをお願いします。

| ebizo | 2007/03/19 15:12 | URL | ≫ EDIT

ホッ…
源流釣りの恐怖、臨場感たっぷりでした。
写真を見るからにして、危なすぎる! 怖すぎる!!
二人とも無事で、本当に良かったです。
でも不謹慎ながら、ちょっと楽しそうなオヤジたちに思えてきました。
シーズンもあとわずか。ほどほどに危険を楽しんでください。

| sabo | 2007/03/19 12:21 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ebizoec.blog60.fc2.com/tb.php/131-02cb416f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。