PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

今期12回目の釣行は奥越

今シーズンは、地元の寒狭川を中心にソロで徘徊したり、岐阜・福井専門のようなN氏を誘い下伊那に行ったりしておりますが、満を持してといった感じで漸く九頭竜水系に行くことができました。
土曜の釣行ということもあり、なるべく早く現地に着いておこうとN氏宅を21:00頃出発。
雪が非常に少なく、8月に来た時のように車止めまで行くことができた。
先行者なく後攻者もなし。
24:00には車の中で寝酒を飲んでいました。
当然、夢は二人とも爆釣です。
雪は無いものの夜は寒かったね。
エンジン掛けっ放しでエアコンを室温30℃に設定してあったのだが、3:00頃に寒さで目が覚めジャンパーで下半身を包む。
さらにオイラは夢現のうちにN氏の布団型シュラフを奪い取っていた。スミマセン。

さて、5:00に起床すると予報通りの晴れ。
嬉しいなあ。爆釣への期待がますます膨らむ。

今回は割りと車止めの近くから入渓した。
先ずはN氏のパイロットフィッシング。
先ずはN氏の竿出し

さっそくN氏が釣上げる。
さっそくN氏が

その後、交互に釣り上がる(釣果をあげるのはN氏ばかりだけどね)。
魚影はあるものの今一調子が上がらない。何か変だよ。
しかしこの辺りから核心部に入る。
以降は、当然爆釣でしょう(と信じつつ・・・)。
この辺りから核心部

N氏の釣果の一部です。
N氏釣果2

N氏釣果3

たまには、オイラも。
たまにはオイラも

上は今回の大物賞(!?)を頂いた25cmイワナとの記念写真。
下は1匹目の17cm。
今日はオイラも15cm超はキープするのだ。
家で妻と娘2人がオカズを待っているからです(釣れんかったらどうするだん)。
1匹目17cm

1匹目のポイント。やはり何だか妙です。
白泡の中からではなかったのです。
1匹目のポイント

25cmイワナ。
25cmイワナ

25cmイワナのポイント。
白泡の中や縁ではなく、そこからうんと流した右下の方から。
流し終わってもう鉤を引き上げようかというような処でした。
あまりに意外なところだったので、オイラは完全に根掛かりだと思ってしまった。
25cmのポイント

どうも今日のポイントは、落ち込みやその周辺ではなく、駆け上がりか瀬尻らしい。
こんな事は初めてなり。
今まで落ち込みの中に鉤を入れれば良いと思っていた初心者のオイラはポイントが全く掴めなくなってしたった。
今日のポイント

そして喰いも悪く鉤掛かりが浅い。
これはオイラの2匹目ですが、なかなか良い型だったので釣上げた瞬間を再現して撮ってもらったもの(抜き上げればよいのに、再度水中に戻し、カメラを担当していただいたN氏と息を合わせて撮った遣らせ写真)。
ご覧のように餌のミミズを咥えていない。
よく見ると鉤も掛かっていないようだ。
この写真撮影の後、釣果をかざすショットを撮ろうとニヤニヤして引き上げたら外れてしまったのだよ。トホホ。
栗島川、黒川に続いて3回目だ!(タモも無くしてしまった。これも3回目。ガクッ。どなたか要らないタモ、それも源流用ではないタモを譲っていただけませんでしょうか)
喰いの渋さによる浅掛かりはN氏が分析し指摘されるところで、何となればN氏は本日17匹掛けたのだが、7匹をバラしていた(内、尺1匹を含む)。
バラしたイワナ

それに相当スレてしまっているようだった。
去年オイラが泣き尺を上げ翌週N氏が尺オーバーを上げたポイントで尺イワナを見た。
見た?そう、駆け上がりでノンビリしているのが丸見えだったのです。
丸見えの鼻先にさんざん餌を流したが全くの無視!
(この前にも7~8寸に同じ仕打ちをされた。オヨヨ・・)
このポイントには、尺以外にも2匹以上のイワナを目撃。
瀬尻から落ち込みの中へさっと逃げ込んでいったのだ。

今日は二股まで行き、その後、分かれて釣ろうという計画でしたが、以上のような未知との遭遇(オイラにとっては)の果てにオヤジ達は疲れてしまい二股の手前の滝で退却することになりました。
命名「オヤジ止めの滝」。
オヤジ止めの滝

花やら山菜やらの綺麗な写真を撮ろうとも思っていましたが花も山菜も旬ではなく、辛うじてあったのがこのザゼンソウ。
積雪の中から最初に鮮やかな色彩を見せ、春を告げる植物だそうです(N氏に教えてもらいました)が、つぶすと悪臭を放つそうでアメリカ名はスカンクキャベツ!
ザゼンソウの由来は、お坊様が臙脂の袈裟を着て座禅をしているような形だからです。
思うような釣果を得られなかったこともあってオイラにはあまり良い被写体に思えませんでした(撮っとるやないか!)。
座禅草

う~ん、この渓で「ツ抜け」できなかったオイラは今後どうなるのか!
どこでどうすりゃ「ツ抜け」できるのだろうか。
次回の釣行記を待たれよ。
本日の釣果は妻と娘たちがしっかり食べてくれた。
大変美味しかったとのこと、良かった良かった。
スポンサーサイト

| ebizo釣行記 | 20:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

この”Z”は絶版
NISMOのMr.Kコレクションという限定品で今はもう手に入りません。実はもう一つ未使用品を持っています、ヒヒヒ・・。
アマゴを差し入れしたいとは思いますが、一緒に行ってご自分でキープするほうがご家族も喜ばれるのではないでしょうか。行こうぜ!

| ebizo | 2007/04/09 12:58 | URL | ≫ EDIT

“Z”最高!!
名古屋では桜も散り始めているというのにまだ雪が残っているのには驚きです。
今回も中々にヘビ~な釣行記でしたね。
でも暢渓様、私の自宅にアマゴが届いておりませんが?
奥様や娘様が羨ましい!
先回のBBQの味がいまだ忘れられません。
是非、次回の釣行で爆釣したら私にもわけて下さい。
計画性も無く乳飲み子が増えましたので、我が家の食卓が寂しくて寂しくて...
でも今回の釣行記で最も印象に残ったのは、奇しくも暢渓様のあの少年のような笑顔と頭にキラリと輝く“Z”のマークでした!
“Z”最高!!

| たけ○ | 2007/04/08 22:13 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ebizoec.blog60.fc2.com/tb.php/135-86bb9ab7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。