PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

K氏と下伊那(4月25日)

4月25日、同じ会社のK氏と下伊那へ釣行しました。
目指す川は同じく社内のS氏が先日ビクが重くなりすぎて納竿したというO川。
午前5時にK氏とは道の駅信州平谷で待ち合わせしましたが、そこから更に1時間ほど掛かりました。
天気予報では晴れのはずでしたが、当日は結構な雨。これが吉と出るか凶と出るか、心配なところ。
入渓点。
小川の入渓点


K氏の釣り姿。
竹の魚篭を腰に実に様になっています。さすが大ベテラン。
K氏の釣姿


入渓点付近はあまり芳しくなく、少し上へ車で移動。
相当な水量が出ていますし、濁っています。テンカラを振ってみますが、苦しい展開。
それに、徒渉する時に2回も転倒してしまいました。

さらに移動した瀬でようやく17cmのアマゴが掛かりました。
17cmアマゴ


写真で見ると若葉も出始めて綺麗な渓相ですが、雨は止まず濁りも引きません。
私は貴重な毛鉤を頭上の枝に何回も引っ掛けて無くしてしまいました。
石垣先生の毛鉤は無くしていませんよ。
ogawa


今朝方O川に来るまでに見かけた濁りのなかった小さめの川に転進。
時間は、昼過ぎで濁りは全くありません。
ここで3時までやってみましょう。
大沢川


来ました。18cmの綺麗なアマゴ。
大沢18cmアマゴ


その後、幸いにも何匹か掛けることができました。
但し、釣ったのは全て餌釣りでした。軟弱者で済みません。
大沢18cmアマゴ2


午後3時に納竿。
Kさん、ありがとうございました。楽しかったです。
また、ご一緒してください。

午後6時に帰宅し1時間仮眠をとり、午後7時30分にN氏のご自宅に向け出発。
明日は、郡上の亀尾島川の最上流へ行く予定です。
スポンサーサイト

| ebizo釣行記 | 21:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ebizoec.blog60.fc2.com/tb.php/138-39816b39

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。