PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

内ケ谷~石徹白(6月21日)

皆様、ご機嫌麗しゅう。
テンカラ師のNさんに誘っていただいて、石徹白へ行ってまいりました。
とうとうテンカラで釣りましたよっ!
写真と詳報は今晩アップしますので、お楽しみに。

久し振りのお詫び画像です。
SABOさん、誰の作品か分りますか?
モーツアルトに捧ぐ

スポンサーサイト

| ebizo釣行記 | 10:46 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

デュフィ。。。
デュフィでしたか…。って、知的教養の少ない私にははじめて聞く名前でした!
「野獣派」の画家さんなんですね。
野獣といえば、私にとってはアメリカのプロレスラー(バティスタ)しか思い浮かびませんわ。お恥ずかしながら…。

ただ、少々作品を見た限りでは、色遣いがとても奇麗ですね。
ebizoさんがお好きになる理由が分かるような気がします。

| SABO | 2007/06/28 12:58 | URL | ≫ EDIT

SABOさん、やっと来ましたか
デュフィ「モーツルトへの捧げ物」です。
デュフィって不思議な魅力があります。
透明で明るく、そのくせ奥深い。
必殺仕掛人の原作者で有名な池波正太郎が絵が上手でヂュフィの真似をして描いていました。

| ebizo | 2007/06/26 22:34 | URL | ≫ EDIT

くそぅ…
どこかで見たことのある絵だからこそ、キレイに正解を答えたいと思い、しばらく探しておりましたが、・・・・ギブです。
モーツアルトが鍵盤の上にあるから、そんなに古くはないですよね?
教えてくださいっ!
このブログの2万5千人の読者も、きっと真実を知りたがっていますから!!

| sabo | 2007/06/26 18:39 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ebizoec.blog60.fc2.com/tb.php/146-4954b71e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。