PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

10)谷のド畜生野郎・・・覚えておくと体に良い言葉

開口健は、ベトナム戦争で200人の内17人しか生き残れなかったという遭遇戦に同行し生還したのですが、弾丸避けのお呪いをジッポ・ライターに刻んでいました。
サライの写真で初めて原文を知ったので書いておきます。

Yea though I walk through the Valley of the shadow df deth
I will fear no evil
For I am the evilest son of a bitch in the valley

このお呪いは「夏の闇」の中で、愛人の女性が読み上げるという形で日本語で示されていました。
「たとえ、われ、死の影の谷を歩むとも、われ恐れるまじ。
なぜって俺は谷のド畜生野郎だからよ」

本当に俺なんか”谷のド畜生野郎”だよなあ。
若い読者にとって体にいいのかどうか分からないけれど、これらの言葉は僕にとってはとても良いのだね。
励みになったり、むかつく時に口から出そうになる言葉を抑えたり、迷った時の考えるヒントになったり、と役に立ってくれるのです。
僕にとって「覚えておくと体に良い言葉」の所以であります。

もうひとつ、開口健。
全長170センチ重さ40キロのターポンという魚を1時間かけて釣り上げ昂揚した開口の言葉。
"魚を釣りたかったらコスタリカへ行け。
男になりたかったら、ターポンを釣るんだ。諸君!"
いいねえ。

輝ける闇.jpg

スポンサーサイト

| 覚えておくと体に良い言葉 | 20:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

開高健かぁ、懐かしいな。
若かりしころ、だいぶ読んでます。
ただ私は何といっても船戸与一。→ご存じですか?
作品主人公の6割くらいが死んでしまうのだけど、何気ない会話のなかに、名言が散りばめられています。
好き嫌いがはっきりと分かれる作家だけど、ハマると全作品読みたくなってしまいます。

| SABO | 2005/10/05 18:25 | URL | ≫ EDIT

TBさせていただきました!
170cmで40kgの魚・・・ターポンですか。
勉強になりました。

| 裕次郎 | 2005/10/29 01:40 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ebizoec.blog60.fc2.com/tb.php/19-462ace00

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。