PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

11)心が二つある大きな河・・・覚えておくと体に良い言葉

ヘミングウェイの連作短編「ニックもの」の一作。
形容句のない明晰で簡潔な力強い文体で淡々と語られていくのはいつも通り。
ニックは故郷の町シニーに釣りキャンプをするために帰ってくる。
全く書かれていないけれど、ニック(ヘミングウェイ)は戦争から帰ってきたのだ。
おそらく少年の頃から親しんできた釣りで、深く傷ついた心を癒すために。
ニックは、この短編の中でほとんど口をきかない。
物思いにふけるが、感情は抑えられている。
一度読むだけだと、ハイキングとキャンプと鱒釣りだけのような短編なのだが、2回・3回と読むうちにニックの深い思いが滲むように行間から読み取れるような気がしてくる。
なんたって題名がいいよね。「Two・Hearted・Big・River」ですから。

アウトドアもので他に好きなのが、大藪晴彦(!)の「ヘッド・ハンター」。
大口径のマグナム・ライフルを持ってアラスカなど極地で大物をハンティングする小説で、あいかわらず校正したくなるようなひどい表現が多々あるし、ウソコケっというようなところだらけだが、この「ヘッド・ハンター」だけは許してあげよう。面白かったし。
もう20年も前に買った文庫本だが、今でも年に1回は、パラパラと読み返しています。
それから凄くいいのは、開口健の「フィッシュ・オン」。
アウトドアものとは言えないけれど大変に印象的なのが、開口健もその著書「白いページ」で憧れるように誉めているスタインベックの短編「朝食」。

ところで、私、これらのアウトドアものに触発されて、このたびソロキャンプデビューすることになりました。
次回は結果報告をしますので、お楽しみに。
ヘミングウェイ短編集.jpg

スポンサーサイト

| 覚えておくと体に良い言葉 | 10:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ebizoec.blog60.fc2.com/tb.php/20-946cad08

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。