PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

せっかくだから(2)

先のエントリーでお話した「決死」の高巻きをこなし、
たどり着いた沢の両岸は雪渓で覆いつくされていて、
N氏が体験したというスノーブリッジ陥没を私も体験いたしました。
06年4月⑤.JPG
これが、その痕(あと)であります。
死ぬかと思う高巻きの後ですから脳が麻痺していて
「これは、何のこっちゃ」と人事(ジンジではない、ヒトゴトです。ジンジ!恐ろしい)
のように感じていたのですが、今振り返れば怖いですねえ。
胸元まで落ちて止まったのですが、地形によればどうなっていたか分かりません。
では、山釣りは止めるのか?とんでもない。死ぬまでやるだ!

スポンサーサイト

| ebizo釣行記 | 00:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いよいよ危険度が増してきてますね。
胸元までって…。
足首とか、あばらとか、ポッキリいってしまいそうなところばかりですね!
まぁ、雪ももう少なくなってきましたので、次は濁流にでも向かいますか?

| SABO | 2006/05/02 18:59 | URL | ≫ EDIT

やあ、どうもSABOさん。
忙しいのにコメントありがとう。
暖かくなると藪漕ぎとか虻とか蛭とか蛇とかもっともっときつくなるそうです。
それでも早く次の山釣行に出たくて仕方が無い今日この頃です。

| EC | 2006/05/03 16:14 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ebizoec.blog60.fc2.com/tb.php/77-c3d78ddc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。